福島美味

会津漆器

福島美味プロジェクトと伝統工芸師のデザインコラボ

最高技術のバトン

会津塗の特徴は、職人さんによる徹底した分業制。お椀、杯、茶托、皿などを「丸物」と呼び、丸物専門の職人さんを丸物木地師(まるものきじし)。重箱、すずり箱、文庫といった箱状のものを「板物」と呼び、板物専門の職人さんを板物木地師(いたものきじし)と呼び、各々のスペシャリストの手で漆器のベースが作られます。

身体にも地球にも優しい抗菌作用

漆には抗菌効果があります。漢方でも漆が主成分の「乾漆(かんしつ)」という生薬があり、古くは寄生虫による腹痛や毒消し用として活用していたそうです。 冷蔵庫のない時代、おせち料理を漆の重箱で保存しておいたのも、漆の持つ抗菌作用を知っていた先人の知恵ですね。近年では、漆がサルモネラ菌やO-157など食中毒の原因菌を死滅させる最強の抗菌作用を持ちながら、人体には一切影響はないと科学的に証明されたそうです。

伝統工芸師の匠の技術と美味プロジェクトによるコクリエーションが実現

世界に誇る会津の伝統工芸師がアートディレクターや料理研究家の「これが欲しい」に技術とセンスで応えたここだけの限定品。フレンチや中華など多機能に使える30センチの大皿と「オリジナルロゴ(あるいは家紋など)」を豪華にも蒔絵でカスタマイズ可能な三段重(内側溜塗り)を限定でご用意しました。

会津漆器についてもっと知りたい

Contact